法律についてのひとりごと 72

【ショーシャンク】
貴方は今、原告ではなく、被告です。
つまり、相手から裁判を起こされているのですから、
まずは相手の嘘だらけの主張を木端微塵に壊さなければなりません。

もう、いい人でいようと思うのはやめなさい。
普段はどんな人よりも穏やかでいて、いざというときは徹底的に
戦わないといけません。
ここまで、相手の女に馬鹿にされて、悔しくはないのですか?

騙されても怒らない、怒ったら相手に嫌われてしまうから・・
などという卑小な魂になってはいけません。

貴方は貴方の人生の主役なのです。
貴方の精神どおりに貴方の人生は展開するのです。

貴方からの借金をチャラにしてあげたら、相手や相手の家族が
貴方に感謝すると思いますか?
そう思うのであれば、借金をチャラにしてあげて、
相手に『僕を嫌わないでね』と擦り寄っていけばいいのです。

貴方は彼女に『つきあったら借金チャラ』と明確に言ったわけでもないし
メールが残っているわけでもない、
こちらには借用書もある、ということは負ける要素がないわけです。
仮に、貴方が彼女に『つきあったら借金チャラ』と言ったとしても
証拠がなければ、言ってないのも同じなのです。
裁判というのはそういうものです。
これが、もし『借金チャラにするよ』というメールが残っていたら
貴方の完全な負けです。

『借金チャラ』の件はもうこれでいいですね?

お金より、自分の正当性を認められたいなら
相手は自分が詐欺したと認めているのですから、これをもとに
相手を詐欺罪で告訴し、相手の弁護士を弁護士会懲戒請求を出すといった
本気の喧嘩をしかけるのも手です。
これは自分に1円の得にもならないので、普通はしないのですが。

 

 

【質問者P】
ショーシャンクさん、喝を入れていただきありがとうございました
久しぶりに相手側に闘争心が湧いてきました。

僕の生活は仕事を含め長閑で平和そのものなもんで、
どっぷりと浸かっているとつい「どうでもいいや」としてしまいます。

裁判というか弁護士の立ち位置(依頼人の利益を守るためなら嘘のストー
リーを裁判ででっちあげる事もあるのかどうか)を理解できてないのと、う
まく証拠集めができない事で訴状が届いて以降弱気になってしまいまってい
ました。

以前からショーシャンクさんが書いて下さっていたように、
相手が弁護士に嘘の供述を並べ立てているという考え方でいきます。
これなら僕でも勝算がありそうです。
ただやっぱり訴状にしたという経緯を理解することができません。
相手にそれ相応の証拠がない場合にも、駄目元ででも訴訟を起こす場合も世
の中にはあるのですか?
もしくは依頼者に訴訟を提案する場合があるのですか?

また民事裁判の受理というものは、訴状に証拠がなくても裁判所は受理する
ものなんですか?

もし借金チャラの件で来られたら相手からの最終メール(弁済金を借りにお
ばあちゃんの所へ行ってた)を使って撃退します。
ただ相手側にも『借金チャラ』の大きな証拠が残っているかも知れないの
で、気をひきしめて向かい撃ちます。

ごめんなさい、重ねて質問です。
相手を詐欺罪で訴えるならタイミングは一審の後でもいいのでしょうか?
相手の言い分が「借金なんてないよ」しかわからないので、一審で少しでも
理解できればと考えています。
まだ喧嘩のやり方がわかりません。

あと、弁護士の使用する言葉って特殊なんですか?どちらとも取れるような
言い方が多い気がしますがそんなものなんですか?

僕「僕はストーカーなんてしていません、虚偽告訴した経緯について教えて
下さい」
に対して
弁護士「虚偽告訴該当の行為はしていません」

やりきれません。

 

 

【ショーシャンク】
普通は、債権者の貴方が訴訟を起こすものですが
今回は、弁護士がどうしても債権債務を確定させたいのでしょう。

しかし、何の勝算があるのかがわかりません。
弁護士は借用書の存在や彼女からのメール内容を知らないのではないでしょ
うか。
借用書を知っていて、訴訟を起こす意味合いがわかりません。

考えられる可能性は
1、彼女が未成年であったため未成年者取消権を使うつもり
2、『借金はこれでチャラだよ』というメールを持っている、
   または、電話か会ったときに会話を録音されている
3、借用書や彼女のメールの存在を弁護士が知らない
4、債務額を確定した後、自己破産するように計画している

今のところ、以上の4つくらいしか可能性が見当たりません。
どれでしょうか。

>>また民事裁判の受理というものは、訴状に証拠がなくても裁判所は受理
  するものなんですか?
☆もちろん、受理します。主張が正しいかどうかの判断は裁判でするのです
から、裁判の前に判断することはしてはいけないでしょう。

>>相手を詐欺罪で訴えるならタイミングは一審の後でもいいのでしょう
か?
☆いいですが、刑事事件として扱ってもらえるかどうかは、正直難しいで
す。男女間の嘘を警察がまともに詐欺事件として取り上げる可能性は低いの
です。ただ、彼女へのプレッシャーにはなります。

>>僕「僕はストーカーなんてしていません、虚偽告訴した経緯について教
えて下さい」に対して 弁護士「虚偽告訴該当の行為はしていません」
☆まあ、弁護士はそう言うでしょう。それ以外の答えなら、自分で
虚偽告訴を認めたことになりますから。

 

 

 

【質問者P】
新たに、離婚に伴い元夫から弁済金の返金を催促されたと聞かされ
返金した8万円の証拠も見つけましたので、合計11万5000円追加請求できます。
214万8000円で答弁書に書きます。

 

 

 


【ショーシャンク】
もし、相手が言っている金額より多いのであれば
次のように書けばどうでしょうか。
 ↓
第2 請求の原因に対する答弁
 請求の原因を否認する。
 被告が甲第1号証で主張する金203万2000円の債務の存在は事実である。
 実際は、後記第4に述べるように、原告は被告に対し金○○○万円の
 債務がある。
 よって、かかる債務の存在は虚偽であるとする原告の主張を否認する。